健康食品とは

健康食品は昔から怪しげな通信販売で売られることが多く、どことなく胡散臭いイメージがあります。しかし最近は大手の食品会社などが、きちんとしたデータを基礎にして販売をしています。もっともこれらの商品は高価であることが多く、続けて飲み続けることは難しいのが現実です。しかしネットでしっかり調べてみると、同様の成分のサプリメントが米国で販売されており、日本向けに日本語サイトがあるケースもあります。値段は大手食品会社などの商品に比べると、半額以下と安いです。アメリカでは日本より健康食品に対する警戒感も少ないですし、その値段も安いこともあり、かなり普及しています。

販売会社のパンフを見ると、俗に言うビタミン剤やプロテインばかりではなく、日本でもよく販売されている無臭黒ニンニクのカプセルなども出ています。また最近日本でも販売されているペット向けのサプリメントも販売されています。同じパンフに人間用とペット用が載っているというのは、日本人としては多少の違和感がありますが、彼らは平気なようです。最近ではサプリメントの類はコンビニでも販売しており、どこででも買うことができるようになっています。

まさに健康食品全盛期という感があります。この状況を作っている原因は、野菜などに含まれている栄養素が不足していることがあげられます。市場側の意向で見映えのいい野菜などを大量に作ることを要求されると、連作による土壌の劣化を防ぐために化学肥料を撒きます。これが野菜の栄養不足の原因です。そのためどうしても健康食品は必要になるのです。

<特集>
最近注目を浴びているミドリムシの健康食品を扱っている通販サイトです → ミドリムシ